バリウム検査っていう名の罰ゲーム 前編

投稿者: | 2018年9月14日

台風も過ぎてちょっとは涼しくなったのだろうか?

と思いつつ、雨も続き要約涼しさを感じる今日この頃です。

気付くと9月です。

 

それはそうと、つい先日健康診断に行ってきました。

私事ですけど、年齢的にも当然気になる事なので、サラリーマンを辞めてからも毎年受けています。

どんな仕事であっても体が資本だと思っています。

皆さまも健康診断はしっかり受けた方がよいですよ。

 

健康診断その中でも色んな検査項目がありますが、年に一度の事だからさほど苦になる検査などなく

むしろ体重が増えた減った、ウエストが太った痩せた…等々、数字で分かりやすく結果が見えます。

達成感とか反省点を自分自身で考えたりするものです。

 

しかし、バリウム検査(胃の検査)だけは何度しても馴染めません。

馴染める人っているのでしょうか?

あれは罰ゲームでしょう?

前日の夜から検査終了まで飲食はストップで、当日の朝飯は食べれません。

そして、空腹の状態で炭酸の粉末と、重く白いバリウムを飲まされます。

飲み終えたらゲップは我慢らしいです。それからアトラクションのスタートです。

機械に乗って左右上下アクロバティックな動きをされるがままです。

胃の中の白いヤツは、ぐるぐると回転するのです。ゲップをしたらたちまちピンチ。

自分の意志で動きを止めることなど出来る訳もなく、傍から見たらただのアトラクションです。

 

アトラクション終了後、それからが第2次罰ゲームのスタートです。

下剤を2錠強制的に飲まされます。沢山の水と共に・・・。

 

その後数時間後、何かと汚い話になりますが次回、検査結果も含めて報告します。

 

総合調査 北陸デルタ・リサーチ 金沢

石川県公安委員会届出 第51170011号

TEL:076-251-0099

メールでのお問い合せはこちら

公式サイト:https://hokuriku-delta.net/
営業:お問い合わせ